旅トラベルjp  ~略して“旅寅”~

寅さんの様にふらっと旅した、日本の観光地名所「いとをかし処」をマニアックに紹介します。あと、飲みネタなども。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

幻?の七重塔・九重塔・十三重塔

幻?の七重塔・九重塔・十三重塔

日本仏塔高比較図  

お寺巡りをする際など、興味深いものとして仏閣建築物である、

三重塔・五重塔を見ることが楽しみの一つにあるでしょう。

ここでいう「塔」とは仏塔(ぶっとう)であり、

インドの仏教建築物をさす「ストゥーパ」が起源で

日本において「卒塔婆(そとば)」と当て字がされ、「塔婆」や「塔」と略されています。

塔はお釈迦様の遺骨を祀るところとされており、古代インドのストゥーパは半球形の

ものでありましたが、この形式が中国に伝えられると、層塔化するようになり、

日本に伝わりこの層塔の形が受け継がれ、

日本独自の「塔」が作られていったとされています。

今回はそんな「仏塔」にまつわるいとをかし事柄について見て行きましょう。


 ■日本最古の三重塔 ・・・ 法起寺(奈良県) 奈良時代706年創建

 ■日本最大の三重塔 ・・・ 薬師寺 東塔(奈良県) 34m

             houkiji               yakusiji 
                     法起寺                 薬師寺 東塔


 ●日本最古の五重塔 ・・・ 法隆寺(奈良県) 奈良時代7世紀末~8世紀初頭

 ●日本最大の五重塔 ・・・ 東寺〔教王護国時〕(京都府) 54.8m

 ●日本最小級の五重塔 ・・・ 室生寺(奈良県) 16.1m

  houryuuji.jpg    touji.jpg       murouji.jpg
                 法隆寺             東寺              室生寺


 

  ▲日本三名塔 ・・・ 醍醐寺(京都府)  法隆寺(奈良県)  瑠璃光寺(山口県) 

       daigoji.jpg       rurikouji
            醍醐寺                 瑠璃光寺


 日本には三重塔・五重塔が多く現存していますが、その先の七重塔はないのかというと

現存はしていませんが、その昔、七重塔・九重塔は存在していたようです。

(奇数の数で、偶数がないのはなぜだろう?中国の陰陽思想の影響で奇数が“吉”と

されているせいでしょうか。) 先ずは七重塔から。


東大寺 七重塔 (奈良県)

奈良の大仏で有名な「東大寺」の大仏殿の東西に、二基の七重塔があったということです。

なんと高さは約100m!

日本最高塔は東寺の五重塔の54.8mですから、およそ倍のスケールです。

大仏殿自体、世界最大の木造建築物であるからに、それに見合う塔は100mと

なったのでしょう。それも2基。

752年(奈良時代)に完成(大仏完成時)し、何度か焼失・修理など行われましたが、

最終焼失後、室町時代に再建を断念して以降、再建されませんでした。

(ちなみに現在の大仏殿は江戸時代の1709年に再建されたものです。)

しかしながら昭和時代になって、再建されたのです。

それは1970年に行われた「大阪万国博覧会」において、パビリオンという形で。

パビリオンですから万博終了後、解体しなければいけないので

エレベーター付展望台目的の鉄骨造りの張りぼて的構造でした。

(建設に携わった方すみません。)

そのとき造った相輪(屋根上にある金属製のアンテナみたいなもの)が

東大寺に寄贈されています。

東大寺の七重塔については大仏殿の中に復元模型として展示がされています。

  banpaku.jpg   toudaijimokei.jpg
   大阪万博パビリオン                   大仏殿 展示模型

  

相国寺 七重塔 (京都府)  ~史上最高高109メートル~ 

真打ち登場の高さ109m

東大寺七重塔を凌いでいます。京都府にある「相国寺」において

1399年(室町時代)に足利義満により建立したといわれています。

京都御所のすぐ隣りに、御所を見下ろす形で姿を現し、

有名な「洛中洛外図屏風」の構図はこの相国寺七重塔の上から

俯瞰したものだと言われています。

soukokuji.jpg   rakutyuurakuzu

何といってもその権力を誇示するかのように、御所の横に巨塔を建てたことは、

室町時代における足利義満の力がいかにあったかが伺われます。

1470年に雷で焼失以来、再建されることはなく、かろうじて

「塔之段町」という地名が残っていることで、あったであろう記憶を残しているそうです。


法勝寺 九重塔 (京都府)  ~特異な八角構造~

法勝寺(ほっしょうじ)は、白河天皇により建立され、1083年(平安時代後期)に

高さ81mの八角形状の九重塔が完成しましたが、何度かの雷に遇い修理再建を行った末、

1342年に火事で焼失してしまったそうです。

その後再建を図りつつも廃寺となってしまいました。

現在は京都市動物園にこの寺の痕跡を見ることができます。

  housyouji.jpg    hossyouji.jpg

 


 番外 談山神社 十三重塔 (奈良県)

 tanzanjinja   tanzan.jpg

九重塔の上をいくのが、談山神社にある十三重塔。

神社に塔?と思ったら、元々は多武峯寺(とうのみねでら)というお寺だったそうです。

ここは大化の改新で有名な藤原鎌足を祀っているところで、

父である藤原鎌足の追福のために、長男・定慧と次男・不比等に よって

西暦678年に建立され、現在の塔は、1532年の再建で、木造の十三重塔としては、

世界唯一のものだそうです。

高さは17mで、ここで他に紹介した塔とは役割が違い、

供養塔としての意味が強いようです。

屋根は伝統的な檜皮葺きで、 2007年9月に「平成の大修理」が行われ、

葺き替えなどがされ、きれいになりました。

規模が小さくモニュメント的存在なので、ここでは番外としておきます。

 

    にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へにほんブログ村 旅行ブログ 名所・ランドマークへ
        ↑もっとマニアックにいきたいので応援お願いします。click!

 


スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

建築物 | コメント:0 | トラックバック:0 |

いとをかし処 アラカルト 第11弾 行元寺 波の伊八 彫刻「波に宝珠」

@いとをかし処 アラカルト
   
  
~ちょっと面白そうなところ、チョット紹介していきます~

  第11弾   行元寺 波の伊八 彫刻 「波に宝珠」

1.jpg 

いい仕事してますねー。

何ともいえない波のうねりと木版彫刻と思えないその表現。

これは千葉県いすみ市にある、東頭山「行元寺」(とうずさん「ぎょうがんじ」)の欄間彫刻

「波に宝珠」。武志伊八郎信由(たけしいはちろうのぶよし)という彫刻師の作。

「波を彫らせたら天下一」といわれた名工で、“波の伊八”とも呼ばれています。

1806年に行元寺客殿の欄間に彫刻を完成させました。

ちなみに「宝珠」とは、宝の珠(たま)ということで、「意のままに様々な願いをかなえる宝」と

されるありがたいものとされ、菩薩像などの手に持っているものがそれであり、

わかりやすくは、武道館の「たまねぎ」がそれであるそうです。

仏堂の頂上や橋の欄干などに、仏に縁がある建築物の装飾のために宝珠を模した擬宝珠が

つけられているようです。

  bigwave.jpg   nami1.jpg

この彫刻は、葛飾北斎の名作「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏」の原型といわれています。

並べてみるとその構図のそっくりさに驚きます。うーんいとをかし

「神奈川沖浪裏」は1831年に制作されたとのことなので、北斎がこの彫刻に

出会い、触発されあの浮世絵が生まれたということは疑う余地もないところです。

P1020163.jpg 

東頭山行元寺は、849年に慈覚大師によって開山された歴史ある場所です。

P1020168.jpg 

客殿はかやぶき屋根の建物で、そこの欄間に「波に宝珠」があります。

      2.jpg 

以前写真でこの「波に宝珠」を見たときの衝撃はかなりのものでしたが、

彫刻のバックの黒い部分は黒い漆塗りか何かをされているのかと思っていました。

それが現物を見て驚きました。黒く見えていたのは、空間で向こう側に突き抜けて

いたのです。では反対側はどうなっているのかと後ろに廻ってみました。

ナント!裏側も表と同じように波と宝珠が彫ってありました。

驚いたことに両面彫りだったのです。

Webで事前に色々情報を見ていたのですが、両面彫りということには

あまり触れられていなかったので、知らないまま現物を拝む結果となったのです。

手彫りの一発勝負ですから、裏表で多少ディテールが異なっていますが、すごい技です。

この行元寺には他に、焼失などによってここにしか唯一存在しなくなった

幻の名工「高松又八」の「獏」(ばく)、「牡丹に錦鶏」という彫刻作品があったり、

波の伊八の他作品である、「波に鶴」、「梅」もありこれも必見です。

但し、彫刻は撮影禁止になっています。

ここに掲載しているのは、拝観の際にいただいた資料の一部を掲出しています。

kaisetuzu.jpg kaisetuzuhanten.jpg

P1020161.jpg 


       


      chiba1_20081029020119.jpg 

  

       にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へにほんブログ村 旅行ブログ 名所・ランドマークへ
                ↑もっと人生に刺激を。自分探しの旅に出よう。click!

 


テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

名所 | コメント:0 | トラックバック:1 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。