旅トラベルjp  ~略して“旅寅”~

寅さんの様にふらっと旅した、日本の観光地名所「いとをかし処」をマニアックに紹介します。あと、飲みネタなども。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

宮島の謎 ~厳島神社鳥居の先にあるもの~

宮島の謎 ~厳島神社鳥居の先にあるもの~

miyajimanonazotitle.jpg 

宮島の謎と書けば、弥山(みせん)の七不思議※といきたいところですが、

今回は最近、厳島神社に行った人がおそらく気になったであろう

鳥居の先にあるものに焦点を向けてみましょう。

 ※弥山(みせん)の七不思議
    弥山とは宮島にある山で、弘法大師が開創した霊山だそうです。
    七不思議とは①不消霊火 弘法大師修行から1200年にわたって燃え続けている
             ②錫杖(しゃくじょう)の梅 弘法大師が立てかけた錫杖がねずいた
              といわれる八重の紅梅
             ③曼荼羅岩 弥山本堂の崖下にある、弘法大師が刻んだ文字がある大岩
             ④干満岩 大岩にある穴から満潮時には塩分を含んだ水があふれ、
              干潮時には乾く
             ⑤しぐれ桜 この桜の木の下は晴れていても露で濡れていたが
              枯れてしまい、現在はない
             ⑥龍灯杉 山頂にある龍のような枝ぶりの杉あたりから厳島神社の沖に
              現れる謎の灯が見えたが、杉は枯れて今はない
             ⑦拍子木の音 深夜に天狗の打つ拍子木の音が聞こえる 

miyajimamap.jpg 

厳島神社は世界遺産に登録されたおかげで、観光客が連日大挙して押し寄せています。

何といっても海に浮かぶ神殿「厳島神社」を見たくて訪れている人は多いはずです。

さあ、神社の回廊を通って、本殿正面舞台に立って、そこから見る鳥居は

さぞかし風光明媚な姿であろう。

「あれれ・・・・?鳥居の中に見えるあの対岸の巨大な建物は何?」

 

P1030127.jpg 

スペースシャトルの発射台みたいな形してるなあー。

それよりも本殿正面から見たとき鳥居の先の直線上にあるというのが、

いかにも作為的です。何か狙っているのかな?

P1030122.jpg 

調べてみるとあの建物は「海の見える杜美術館」であることがわかりました。

管理者(所有者?)は宗教法人平等大慧会ということで、新興宗教法人のようです。

建物の上に、金色のお釈迦様?が立っています。

特別展示会の開催やレストランなんかも併設している小洒落た美術館です。

なぜあの位置に美術館を建てたのかは謎のままですが、

皆に見てほしかったのでしょう。

鳥居の中に見えなかったらあまり気にならなっかったと思います。

残念ながらこちらの美術館には行けなかったのですが、

反対に鳥居の向こうの厳島神社を見てみたい気がします。

興味のある方は是非訪れてみてください。

      moribijutukan1 moribijutukan2 

とてもいとをかしな景観ではありましたが、

鳥居の向こうにあった広島産生かきがとても美味しかったです。

(変なオチですみません・・・)

       P1030111.jpg 

          にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へにほんブログ村 旅行ブログ 名所・ランドマークへ 
                                      ↑犬も歩いて棒にあたろう!旅旅旅click!

スポンサーサイト

テーマ:国内、史跡・名勝巡り - ジャンル:旅行

景観 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<いとをかし処 アラカルト 第13弾 笠ヶ滝寺 | HOME | 日本三大もの>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。