旅トラベルjp  ~略して“旅寅”~

寅さんの様にふらっと旅した、日本の観光地名所「いとをかし処」をマニアックに紹介します。あと、飲みネタなども。

いとをかし処アラカルト 第14弾 安土城

@いとをかし処 アラカルト
   
  
~ちょっと面白そうなところ、チョット紹介していきます~

  第14弾   安土城 (伊勢・安土桃山文化村)

近頃、歴史ブームが到来しているらしく、「レキジョ」なる

歴史好き女子が歴史的史跡に多く訪れているそうです。

そんなわけで今回は伝説の城、「安土城」を見に行ってきました。

   adutijogaikan.jpg

おーっ斬新だ!派手な色合い、八角形の夢殿みたいなものが変わっている。

こんなのが安土桃山時代にあったの?って感じです。

城主は織田信長で、そういわれると何となくなるほどと納得。

実はこの安土城は復元されたもので、本物は1579年に完成し、

1582年「本能寺の変」のあと焼失してしまったそうです。

この復元も様々な資料の時代考証に基づき、原寸大で再現されているそうです。

しかし正しくは“復元”ではなく“天守風建物”という位置づけだそうです。

どうしてかと思うのですが、この安土城は実際にあったとされる

滋賀県の安土山にあるのではなく、三重県伊勢市二見町にある

「伊勢・安土桃山文化村」の施設として建築されたからのようです。

安土城址とされる場所に復元すれば良かったのにと思いますが、

すでに安土城址として史跡に指定されていたため、その場所に

建てることは出来なかったようです。滋賀県としては良かったのでしょうか?

とはいえ想像だけで造られていない原寸大というならば、

訪れる価値大です。

 

   adutijo1.jpg 

遠目から観た安土城です。風格ありますね。派手という印象もありますが。

屋根も金色なので光っています。いやー織田信長!って感じです。

bunkamura.jpg P1050445.jpg adutijobus.jpg 

伊勢・安土桃山文化村の施設としてあるので、先ず入場しなければいけません。

ちょんまげワールドという別名もあるようです。

入村料金通行手形で3900円。ちょっと入城料としては高いか・・・。

入口から城までは距離と高低差があるので、シャトルバスで連れて行ってもらいます。

   adutijoup.jpg 

近づいてまいりました。見慣れたせいか、いい感じに見えてきました。

   P1050436.jpg 

P1050424.jpg ougonnoma.jpg 

眺望も最高です。伊勢湾を望むことが出来ます。

実際も琵琶湖を望むことが出来たことでしょう。

7階部分にある黄金の間も金箔が張られていて煌びやかです。

金の鯱(しゃちほこ)を初めて取り付けたのが安土城だとされています。

今となっては鯱といえば“名古屋城”とおかぶを奪われていますが。

   P1050209.jpg 

ディアゴスティーニさんの毎週シリーズで「安土城をつくる」が

評判で安土城が今、盛り上がっています。こちらの時代考証の

復元案は文化村のものとは多少違っているようですが、

大体のテイストは同じようです。

非公式な扱いでテーマパーク施設となっているようですが、

城を見ることが楽しみな人にとっても見ごたえ充分ですので、

是非このいとをかし処を訪れてみてください。


         


                mie1.jpg


 

にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へにほんブログ村 旅行ブログ 名所・ランドマークへ  
                       ↑もっと色々な旅に出てみましょう。click!

スポンサーサイト

テーマ:国内、史跡・名勝巡り - ジャンル:旅行

建築物 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<いとをかし処アラカルト 第15弾 阿波の土柱 | HOME | いとをかし処 アラカルト 第13弾 笠ヶ滝寺>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |