旅トラベルjp  ~略して“旅寅”~

寅さんの様にふらっと旅した、日本の観光地名所「いとをかし処」をマニアックに紹介します。あと、飲みネタなども。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

いとをかし処アラカルト 第20弾 谷瀬の吊橋

@いとをかし処 アラカルト
   
  
~ちょっと面白そうなところ、チョット紹介していきます~

  第20弾   谷瀬の吊橋

奈良県十津川村にある谷瀬(たにせ)の吊橋です。

297メートルの長さがあります。かなり長い吊橋ですねー。

P1040468.jpg 

それもそのはずで、平成6年まで日本一長い歩行用吊橋でした。

平成6年に茨城県常陸大田市に長さ375メートルの「竜神大吊橋」が、

平成18年に長さ390メートルの「九重“夢”大吊橋」が造られたため

この谷瀬の吊橋は三番目になってしまいました。

                P1040490.jpg

しかしながら、「九重大吊橋」も「竜神大吊橋」も吊橋スタイルの“鉄橋”と

いう感じで、安全を優先に頑丈に造られています。

ここ「谷瀬の吊橋」は渡れれば良いというのが、優先されているようなので、

吊橋を歩くたび揺れます。そういう意味では吊橋らしい吊橋と言え、

日本一長い不安定な吊橋”ではないでしょうか。

その証拠に 「危険ですから一度に20人以上はわたれません」 と書いてあります。

しかも監視小屋まであります。通行料は無料なので監視員さんは

役所の人か、ボランティアの人なのでしょうか?

観光客が多いときは一方通行にしてしまい、向こう側から送迎バスで

他の橋を通って戻ってくるそうです。

P1040481.jpg 

川の上なので、行った日も風が強く、歩くのも注意が必要でしたが、

強風の日は通行禁止になります。

              P1040491.jpg 

高さは54メートルとそれ程高さは感じないのですが、もし落ちたらひとたまりも

ありません。「交通安全」と書いてありますが、通行安全でという感じです。

              P1040488.jpg 

この吊橋の歴史は、中津川に架けた橋が増水で度々流されてしまったので、

村民がお金を出し合い、生活用道路橋として昭和29年に完成させたとのことです。

そんなことから地元の方は今でも自転車・小型バイクの通行は許されているそうです。

なんとも人情的な話ですね。でもそんな先人の苦労のおかげで、

スリリングな観光ができていると思うと、また、いとをかしな感じです。

十津川村もアクセスが不便な秘境にあるので、

近鉄八木駅〜和歌山県のJR新宮駅までを約6時間かけて走る日本一長い路線バス

に乗って行くのが良いかと思います。上野地(うえのじ)バス停所で20分休憩停車

するのでその間に渡りに行くのがいいかもしれません。

車で行くと永遠山道を走る感じで大変です。


             

    
                           naratanise.jpg

 にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へにほんブログ村 旅行ブログ 名所・ランドマークへ  
                    ↑もっといとをかし処を探してみましょう。click!

スポンサーサイト

テーマ:国内、史跡・名勝巡り - ジャンル:旅行

名所 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<いとをかし処アラカルト 第21弾 軍艦島 (野母崎水仙の里公園) | HOME | いとをかし処アラカルト 第19弾 大井川接岨峡 レインボーブリッジ>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。