旅トラベルjp  ~略して“旅寅”~

寅さんの様にふらっと旅した、日本の観光地名所「いとをかし処」をマニアックに紹介します。あと、飲みネタなども。

いとをかし処アラカルト 第28弾 長野市 「ブランド薬師」 八櫛神社

@いとをかし処 アラカルト
   
  ~ちょっと面白そうなところ、チョット紹介していきます~
 

 第28弾   長野市  「ブランド薬師」  八櫛神社


ブランド薬師???何、その名前・・・

薬師寺がブランドになったの???どういうこと?

というとこから始まったこのお寺、興味がわいてきました。

どれどれどんなお寺さんかなぁ~

おっと!懸造りの大好物な面持ちじゃありませんか。



 
ブランド薬師2   

しかも支えになる柱がない! 崖から突き出してる志向のものですねぇー。

これは気合がはいっている。新手の懸造り手法です。

遠目に見た写真が下の画像ですが、長野市善光寺の裏手ぐらいのところにある

浅川ループライン(長野オリンピックのときにできたらしい)の横の薬山にあります。


 okanouenoぶらん堂 

昔から有名名所だったらしく、「諸国名所百景 信州善光寺道久須里山」 という

浮世絵にも登場しています。

浮世絵になるほど有名だったとは不覚です。知りませんでした。

確かに崖から突き出ていますね。大した建築工法です。


         burando.jpg 

ところで「ブランド」とはどこから持ってきたの?

このお堂がこんな難しいところにあって、揺れやすいというところから

ぶらん堂と呼ばれていたところからもじって「ぶらん堂」→「ブランド」と名前を

つけたみたいです。

「薬師」についても、元々薬師如来を本尊として祀っていながらも、

本尊は神像の「少彦名命」(すくなひこのみこと)であるとされたりして、

神社とされたらしいです。

その経緯からか「薬師」→「八櫛」という当て字みたいなことが行われている感じです。

名前からしてもちょっとしたエピソード持ちです。


ぶらん堂入口 

では接近遭遇してみましょう。

「ブランド薬師」というのはお堂の名前ではなく、この薬山を整備した公園の名前みたいです。



看板ぶらん堂 

山道を登っていく感じですが、岩場をよじ登っていく感じではなく、

緩やかな山道を登っていく感じです。だれでも登っていけるように整備してあります。


ぶらん堂山道 


途中の中間地点あたりに展望が開けたところがあり、

ここにあるベンチで一休して善光寺平が一望できます。



ぶらん堂展望 

しばらく山道入口から10分くらい行くと、ありました!ぶらん堂です。

いや、八櫛神社が見えてきました。

木々が生い茂ってよく見えませんねぇー。

ちょっと崖から突き出た感がよく見えません。

葉っぱが枯れた冬に来ないとだめだったかな?


       doudaaaa.jpg 

もっと近づいて、お堂の中へ。もちろん無人です。人気もありません。


       ぶらん堂内 


やはり懸造りのメリット、眺望はすばらしく、浅川ループ橋が眼下に見えます。



      眺望ループ橋


ではどんな踏ん張り具合か床下を見てみました。

なるほど、結構突き出た感じです。耐久性は大丈夫なのかな?

でも手前は補強しているのか、コンクリ造りです。

ちょっと雰囲気を壊してしまっている感は否めません。

なによりも安全第一ですから仕方が無いところです・・・


出っ張りぶらん堂


葉っぱに囲まれ面白さが半減していると思いますので、

せっかく紹介するのだから、面白いイメージを広げていただくために

シコシコ画像修正して、木々をトッパらった画像作ってみました。

かなり怪しいものになってしまいましたが、ご勘弁下さい。

公園なので木々の自然を大事にすることは大切ですが、

せっかくの観光資源の見せ方を工夫する余地もあると思いますが、

ダメですかね?(周りの木を少し間引きするといいなぁ~ということです。)



  brandyakusiブランド薬師1 

木が無かったらこんな感じで見えるのでしょうか。

近くで見るよりは遠望の方がすごさが伝わるようですね。

ひっそり力強く佇むその御姿に、いとをかしを感じてみてはいかがでしょうか。



     遠望ぶらんぶらん


         


                 naganoburando.jpg




にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へにほんブログ村 旅行ブログ 名所・ランドマークへ  
           ↑ 他の楽しいブログもちょっと覗いて見てください。 ↑


スポンサーサイト

テーマ:国内、史跡・名勝巡り - ジャンル:旅行

名所 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<小太郎くんの「♪富士は日本一の山」の巻 | HOME | いとをかし処アラカルト 第27弾 河津町 南伊豆町 「河津さくら」>>

この記事のコメント

こんにちわ!
初めてコメントをさせていただきます。
いるも楽しく拝見させて頂いてます^_^

長野にこんなお寺があるとは知りませんでした!
ブランド薬師寺。。。ネーミングもかなり気になりますね~。
手作業された 木を排除した映像で、全体像がよくつかめてて、行って見たくなりました~

全ポチして行きますね ^_^
2011-08-26 Fri 10:27 | URL | maroris #-[ 編集]
いつも見てくれてありがとうございます!
marorisさんのブログもDeepな記事がたくさんあって
いとをかしく見ています。
鳥貴族の記事は興味深いですねぇ~
良かったり、悪かったり。marorisさんの
黙らない市民ぶりがいいですね!
いろんなことに興味があって、ブログに書けるって
いいですね。
自分はすぐおっくうになってしまいます。
MAROりんもかわいいですね。
自分もリス飼ってましたが、
なかなかなつかず、ある日少しのスキマから
逃げ出していってしまいました。
そんな小学生の頃を思い出します。
今後も黙らない市民ぶり、しっかりチェックさせてもらいます。
ではでは!
2011-08-30 Tue 00:36 | URL | パラダイス太郎 #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |