旅トラベルjp  ~略して“旅寅”~

寅さんの様にふらっと旅した、日本の観光地名所「いとをかし処」をマニアックに紹介します。あと、飲みネタなども。

いとをかし処アラカルト 第35弾 恵那峡(えなきょう) 「紅岩」

@いとをかし処 アラカルト
   
  ~ちょっと面白そうなところ、チョット紹介していきます~ 

 第35弾   恵那峡(えなきょう)  「紅岩」 (べにいわ)


今回は前調べなしに突撃恵那峡です。

 岐阜県にある渓谷名勝でありますが、1924年木曽川に大井ダムを造った事により

できた渓谷のようで、花崗岩でできた奇岩・奇石が面白い造形を見せています。

定番の渓谷を渡るジェット観光船に乗って奇岩を楽しみますかぁ。

おっといきなりあのオレンジのものは何?!

あの恵那峡ワンダーランドの観覧車の上に見えるヤツです。


紅岩1


岩をオレンジ色に着色しちゃったのかな。

そんなことを思いつつ、観光船に乗り込んだら案内放送、

「紅岩」と云う天然の現象による自然石だとのこと。

そうなんだ!そうと知ったら他の奇岩は眼中になくなりました。

それでも観光船は渓谷をずんずん進み、いろんな奇岩を案内してくれます。

  

恵那峡 

望遠であの色はどうしてあの色かを探ってみました。


紅岩2 

赤茶サビでも付いているのかな?

温泉に良くある硫黄成分でも付着しているのかな。

わからないまま今回は退散だ。

また近いうちに接近遭遇して確認しに行きます。

紅岩3 

このオレンジ色の正体を調べてみると、

ダイダイゴケというコケの一種がこの岩だけに寄生しているそうです。

自然とは摩訶不思議ですなぁ~

そんな不思議つながりでもう一ついとをかし岩を。

天然記念物の「傘岩」です。

これも面白い形をしています。

雨水の浸食・風化などでこんな形になったとされていますが、

何か人工的に形造られた感も否めません。

ちょっとうがった見方でしょうか・・・



傘岩3 

傘岩2  傘岩1 

恵那峡を調べるとこの傘岩の話はたくさん出てきますが、

「紅岩」のことはあまり出てきません。観光船の案内図にも

紅岩に触れていないくらいです。

他の奇岩なんかよりインパクトあると思うんですがねぇ・・・

本当は接近遭遇して真相を確認してから紹介しようと思ったのですが、

とてもいとをかし処だったので紹介しました。

興味がわいたら接近遭遇してみてください。

紅岩までの登山道はあるようですよ。


紅岩1 

観覧車が派手すぎて「紅岩」のインパクトが薄れてしまっている。

いいんだか悪いんだか・・・




         



    gifu1.jpg  




 にほんブログ村 旅行ブログへにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へにほんブログ村 旅行ブログ 名所・ランドマークへ  
                      ↑もっといとをかし処を探してみましょう。click!

スポンサーサイト

テーマ:国内、史跡・名勝巡り - ジャンル:旅行

名所 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<いとをかし処アラカルト 第36弾 琵琶湖「多景島」(たけしま) | HOME | いとをかし処アラカルト 第34弾 南伊豆 「石廊崎」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |